【ビーチで花火鑑賞】子連れで行く7泊9日ハワイ旅行【7日目】

f:id:hayatOoooo:20171110085740j:image


こんにちわ。はやとぅです。

少し遅い夏休みをとって、9月末に子連れで7泊9日のハワイ旅行へ行ってきました。

 

 

旅のメンバー

・わたし

・妻

・息子(4歳9か月)

・娘(1歳11か月)

 

2014年に1度だけ、当時1歳の息子を連れて子連れハワイへ行っていますが、今回は新たに娘もメンバーに加わり、大人2人・子供2人の4人家族でハワイへ行ってきました。息子もほぼ5歳に近い4歳児、娘に関してはハワイから帰国して数日後には2歳になるので、事実上は5歳と2歳の子連れハワイ旅行となります。

 

ハワイ7日目のスケジュール

翌日は午後から日本へ出国するため、丸一日フルで楽しめるのはこの日が最後。ハワイでの一週間、とても長いようであっという間でした。

9:00 起床&コンドで朝食
11:00 Hawaiian Crown Plantationでアサイ―
13:00 フードコートでランチ
15:00 クイーンズビーチで海遊び
17:00 コンドでプール遊び
19:30 クヒオビーチで花火鑑賞
22:00 荷造り

 

懲りずにアサイーボウル 

f:id:hayatOoooo:20171110085711j:image

 

朝食を食べて、コンドミニアムでグダグダして11時頃からワイキキ探索をスタート。

まず初めに向かったのが「ハワイアン・クラウン・プランテーション」という小さなお店です。妻がガイドブックで気になっていたお店とのこと。

 

クヒオ通り沿いにあるこちらのお店、オーナーが時前のパイナップル農園を経営していて、新鮮なパイナップルが売りのカフェだそうです。ですが、パイナップルはさておき、飽きもせずにアサイーボウルを注文しました。

f:id:hayatOoooo:20171121140605j:image

 

ハワイ滞在中、何度もアサイーボウルを食べていますが、ぶっちゃけると、どこも美味しいです。美味しくないアサイーボウルはこの世に存在しない!

 

雑誌やブログ等でよく「美味しいお店ランキング」とかありますが、そこに載っているお店ならどこへ行っても間違いないと思うので、どこ行っても一緒なんじゃないかなと感じました(味覚音痴)。

 

少し、子連れハワイ的なTipsを述べておくと…

ハワイアン・クラウン・プランテーション」のお店入り口には段差があり、店内の飲食スペースも狭いため、ベビーカー連れのファミリーにはあまりオススメ出来ません。持ち帰る場合は、お店の目の前がちょっとした広場になっているためそこで食べましょう。

 

ココ・コーブでポキ!

ブラブラ歩いていると、時刻はすでにお昼時。

なんかテイクアウトできるご飯でもないかなーと探していると、スーパーマーケット「ココ コーブ」の店頭で美味しそうなポケ丼(ポキ丼)を見つけました!

 

ポケとは現地の言葉で、日本でいうマグロの漬けのコトを指します(たぶん)。それを白米の上にたくさんかけて食べる、マグロ丼的なハワイの定番料理です。ということでわたしは、ポケ丼をテイクアウト。

 

妻はロイヤルハワイアンセンター内フードコートでマハロハバーガーをゲットしていました。

f:id:hayatOoooo:20171121140614j:image

 

ハワイでポケを食べるのが初めてでしたが、美味しさに大感動!

ハワイ旅行も残りわずかですが、ハワイにいる間にもう1回食べてみたいと思い、翌日もコココーブのポケ丼を飽きもせずに買いに行きました(単細胞)

 

ランチを食べた後は、カラカウア通りをぶらぶらして、ひたすら時間つぶしです。

途中、ロイヤルハワイアンセンターとアウトリガーホテルの間にあるフォトジェニックな通りで息子が美女と写真を撮っていました。けしからん奴だな!

f:id:hayatOoooo:20171110085751j:plain

ボインに囲まれたい人生だった…

 

本当にただ目的もなく歩いていただけなので、書くことがほぼないんです…。

 

クイーンズビーチで最後の海遊び!

f:id:hayatOoooo:20171110085725j:image

 

買い物もあまりせず、ワイキキ散策も特にやることもないので、ハワイ最後の海を堪能すべく、いったんコンドミニアムへ戻って、またまた前日に引き続き、「クイーンビーチ」へやってきましたー。

 

海に入り、砂浜で遊び、休憩をひたすら繰り返します。ここも書くことなし!

しかし、ハワイのビーチともこの日でお別れです。悲しい。実に悲しいけど、「終わりがあるから楽しい」のが旅行です!

 

バニアンワイキキで最後のプール遊び!

f:id:hayatOoooo:20171121140701j:image

 

日が落ちるとビーチ遊びはかなり冷えてくるため、早めにクイーンズビーチを撤退し、お次はバニアンワイキキで最後のプール遊びです。

 

海→プールとハシゴしましたが、子供たちは飽きることなく延々と遊んでいました。

 

面倒を見る親は大変かもしれませんが、子供の水着を着替えさせる手間がないし、シャワーだけでは落とせない海の塩気も完全に洗い流せるので、おおっぴらには言えませんが、海のあとのプール遊びはアリですね。もちろん、プールに入る前にもう一度シャワーを浴びて砂を完全に落としましょう!

 

ついでに、プール横にあるアスレチックも最後なんで、寒そうな格好で遊ばせておきました。

f:id:hayatOoooo:20171121140646j:image

 

ワイキキ×金曜日の夜×花火

ハワイ7日目のこの日は金曜日でした。

 

そうです!

金曜日の夜は、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジから花火の打ち上げがあります!

 

本当でしたら、打ち上げ場所であるヒルトン付近まで行き、間近で花火鑑賞といきたかったのですが、子供たちを連れThe Busに乗って行くには面倒なので却下!

 

ということで、バニアンワイキキから歩いて5分。クヒオビーチからヒルトンの花火を、遠目に鑑賞することにしましたー。念のため、バニアンワイキキのロビーでスタッフに「クヒオビーチから花火は見える?」と質問すると、「余裕で見られるぜ~!」とのことだったので、近場で済ませます。

 

花火の打ち上げは19時45分頃から開始なので、19:30頃にクヒオビーチへ向かいました。この時間でカラカウア通りの海沿いにあるベンチはほぼ満席。ベンチに座ってゆっくりと花火鑑賞したい場合は、もっと早い時間に来ないとダメですね。

 

肝心のビーチは、人がまばらの状態。

砂浜が広いのでシートを広げて座っている方もいれば、石段に腰かけている方もいます。ビーチで花火鑑賞する場合、19時半でも余裕で場所取りが可能でした。

 

そして、花火がスタート。

 

少し花火は遠いのですが、クヒオビーチからでもヒルトンの花火をバッチリ見ることが出来ました。子供たちは花火に興味がないようで、ずっと砂遊び…。おい。

 

子供がいなければ、クヒオビーチとクイーンズビーチにあるワイキキウォール(桟橋みたいなところ) の先っぽにある小屋で花火鑑賞もいいかもしれませんねー。

 

写真だと分かりずらいと思いますが、夜になると小屋的な部分(左下)がイルミネーションされています。 

 

暗いし、人が多くて狭いので子供がいるわたしたちはビーチで花火鑑賞しましたが、どちらにせよ、混雑もなく、快適に鑑賞することが出来ました。

 

ワイキキビーチからも花火は見える!?

今回は宿泊していたバニアンワイキキから最も近いクヒオビーチで花火鑑賞をしました。無事、上述した通り遠目ではありますが花火を見ることが出来ました。

 

ここでふとした疑問が…。

最もホテルが密集しているワイキキビーチから花火は見えるのか?というコト。

 

クヒオビーチから花火鑑賞をした際の写真を見て、雑に地図に落とし込むとこんな感じですね。花火の右下部分がシェラトンのホテルにややかぶっているため、紫の線はもう少し上側向きかもしれません。

f:id:hayatOoooo:20171121145525j:plain

 

ググると、ワイキキなら「ビーチに出れば花火は見える!」という書き込みを見つけましたが、ロイヤルハワイアンのビーチだと、角度的に花火が見えづらいかもしれませんね。

 

モアナサーフライダーあたりまで行けば、いい感じで花火鑑賞できそうな気もしますが、ビーチで花火鑑賞する際はホテルのロビーなどで事前確認したほうが吉でしょう。

 

旅の終わりを予感させる、荷造り!

 

花火を見て、子供たちをお風呂に入れ、寝かしつけた後は、旅の最後の恒例行事、荷造りです。面倒くさい、地獄のパッキング作業ですね…。

 

憂鬱すぎてちっとも進みませんでしたが、着替えやハワイで買ったお土産をテトリスのように綺麗に詰め込んでいきます。このパッキング作業でかなり役立ったのが、100均で売っている「衣服用圧縮袋」でした!

 

掃除機不要タイプで、手で袋を巻くタイプの圧縮袋になります。

この衣服用圧縮袋(Lサイズ)を4枚持ってきていましたが、ハワイで購入した子供服や洗濯済みの薄いシャツ類を片っ端から詰め込み、容量をかなり圧縮することができました!感覚的には半分くらい小さくなった感じです。

 

物自体は100均で売っている圧縮袋で十分ですので、安いしスーツケースの荷造りに一役買ってくれるため、ハワイ旅行の際に持参することを激しくオススメします!!!

 

f:id:hayatOoooo:20171004161209j:plain

今回はサムソナイトの75Lのスーツケースを2つ持参しましたが、4人家族・7泊9日の滞在、購入したお土産少な目といった内容で、スーツケースがカツカツとなりました。

 

パッキング後のスーツケースの重量は両方とも20kgとまだ余裕はありましたが、ぎちぎちに詰め込むと持ち運びも大変だし、これが限界かなという感じです。

 

仮に来年もハワイへ行くようなことがあれば、子供が大きくなり荷物が増える(大きく・重くなる)、お土産を買う量が増える事態となったら、75Lのスーツケース2つでは足りないかもしれませんね。

 

事前に子供用スーツケースを持参するのは大変だと思うので、現地で小さいサイズのスーツケースを購入するか、ABCストアなどで売っている、布地のソフトキャリーなんかを活用しないと、4人家族分の荷物を持って帰ることが出来ないかもしれません…。

 

そんなこんなで、荷造りも終了し、2017年の子連れハワイも残すところ1日となりました。といっても、日本へのフライトは現地時間で18時頃発なので、ワイキキの街を堪能できるのは実質半日程度となっています…。

 

寂しいなー。

 

<続く>