【旅行】子連れで行く3泊4日の沖縄旅行inブセナテラス【前編】

f:id:hayatOoooo:20160520122411j:image

ゴールデンウィークが終わった先週、少し遅めの家族旅行へ行ってきました。手配などは全て妻に丸投げしたところ、行先は「沖縄」に決定。

 

生まれて初めて行く沖縄にどきどき…。

 

1日目スケジュール

時間 内容
7:00 羽田空港に到着
8:30 飛行機出発
11:00 那覇空港に到着
11:30 レンタカー借りる
12:30 金武町のキングタコスで昼食
14:00 万座毛
14:30 ブセナテラスにチェックイン
15:30 プールとビーチ
19:30 恩納村の「る・それいゆ」で夕食

 

羽田空港から出発 

羽田空港から8時台の便に乗り11時過ぎに沖縄・那覇空港へ到着。モワーっとした蒸し暑さが「沖縄」って感じ。 

機内での子供たちの様子ですが、0歳の娘は初めての飛行機で泣かないか心配でしたが、妻の抱っこひもの中でほとんど寝ていました。他にも多くの赤ちゃん連れファミリーがたくさんいたので、少し泣いてもなんら問題なかったです。息子は機内でもらった飛行機のオモチャでずっと1人遊び。

f:id:hayatOoooo:20160520122447j:image

 

国内線は海外旅行と違ってイミグレで待つ必要がないので楽ですね(子供がいるとなおさら)。レンタカーを借りて、沖縄旅行スタート。

 

キングタコス 

まずはランチを食べるため、那覇市内には目もくれず高速道路を使って金武町へ向かいます。金武町はタコライス発祥の町ということでタコライス店が多数あるそうで、わが家はママ友から教えてもらった「キングタコス金武本店」へ行きました。

キングタコス 金武本店 (KING TACOS) - 金武町/メキシコ料理 [食べログ]

 

これがタコライスチーズ野菜(600円)。

f:id:hayatOoooo:20160520122516j:image

 

あとタコス(4P500円)にポテトも注文。

f:id:hayatOoooo:20160520122533j:image

f:id:hayatOoooo:20160520122551j:image

 

ピリ辛のソースが美味しく、量が多いけどペロリといけます。しかも、安い!

1階で注文してテイクアウトするもよし、2階のイートインで食べるもよしですが、店内にはエレベーターがないのでベビーカーがある方は要注意です。

 

万座毛

次は絶景スポットの「万座毛」へ向かいます。

 

金武町から万座毛がある恩納村まで、約30分くらいドライブ。道中は車も信号の数も少なく、のんびり内地をドライブできます。そして万座毛の駐車場に到着です。混雑するゴールデンウィークも過ぎていたので駐車場は停め放題の空きっぷり。そして、無料駐車場から歩いて数分でドーンとこの景色。

f:id:hayatOoooo:20160520122653j:image

 

こちらは象の鼻と呼ばれている崖。

f:id:hayatOoooo:20160520122708j:image

2日目のツアーガイドさんに聞いた情報では、この崖下にある洞窟はダイビングスポットらしいんですが、お化けが目撃されるようで地元の人は近づかない場所だとか…。

 

3歳の息子は景色に興味がないようで、10分程度で遊歩道を歩き終えてしまいました。本当ならもう少し散策したかったのですが、無料だし仕方なし。お土産店を少し覗いて、いよいよブセナテラスへ向かいます。

 

ブセナテラス 

万座毛から車を走らせること、およそ20分。念願のブセナテラスへ到着でーす。

www.terrace.co.jp

移動が多く、家族みんな疲れていたため外観の写真すら撮っていません(汗)

 

このブセナテラス、バレーパーキングなので、子連れ旅行だととても助かります。エントランス前まで車で行けるため、重い荷物を駐車場から長い距離ガラガラ持ってくる必要もありません。

 

車を預け、まずはチェックインです。ロビーで少しウロウロしていましたが、ロビーからして圧巻で「すごい」の一言。

f:id:hayatOoooo:20160520124823j:image

 

ウェルカムドリンクを頂き、チェックイン、施設の説明を簡単に聞き、部屋へ移動。混んでいない時期だったため、もろもろの手続きは10分程度で済みました。

 

今日から2泊するのはオーシャンビューの客室。ベランダからの眺めはこんな感じです。

f:id:hayatOoooo:20160520135622j:image
f:id:hayatOoooo:20160520135641j:image

 

夕食まで時間が空いていたので、部屋でじっとしているのも退屈なのでさっそく屋外プールへ行ってみました。屋内プールもありますが、そちらは普通の25mプールみたいだったので1回も入りませんでした。子供用プールがあるようなので、小さい子供がいるなら屋内プールがオススメかもしれません。

 

屋外プールには親が付き添えば3歳でも滑ることができるウォータースライダーがあり、息子はハイテンション!このスライダー、伏せると大人でも結構スピードが出るので楽しかったです。ちなみに、屋外プールには1階と2階部分に2面ありますが、どちらも大人用で深さがありました。2階のプールには段差が設けられていたので、泳げない子供を遊ばせるには2階のプールがオススメです。あと日照の問題なのか、水温も2階の方が暖かい(気がする)ので大人にもオススメ。

 

0歳の娘もそこでプカプカ遊ばせていました。泳げないのでスイマーバを装着して浮いているだけでしたが、ご満悦の様子。

 

プールから歩いて数分の場所にプライベートビーチもあります。

ブセナテラス宿泊者は無料で利用できるので、海に入れる期間だったら一度行ってみる価値はあると思います(ビーチには外国人の方がたくさんいました)。ただし、ビーチにサンゴがたくさんあって素足だと痛いし砂遊びがあまり出来ません(ナビ―ビーチもそうだったので、沖縄の海辺の多くがそうなのかも…)。小さい子供が遊ぶには、もう少しさらさらした砂浜が理想かなー。案の定、わが家も10分程度で再びプールへ戻りました。

f:id:hayatOoooo:20160520124841j:image

 

部屋に戻り、休憩したあとは夕食です。

 

る・それいゆ

もともと小さい娘もいる子連れの沖縄旅行のため、ホテル内にある洒落たお店でのディナーは考えていませんでした。0歳と3歳でも入店できるお店はありますが、周りの宿泊客さん達に気を使いながら食べるのは疲れてしまうのでパスです。ということで、事前に予約をしていた、ブセナテラスから比較的近い恩納村の「る・それいゆ」を尋ねました。

る・それいゆ - 恩納村/居酒屋 [食べログ]

沖縄滞在中、初日にしてここの料理が一番おいしく感じました!!

 

食べログのクーポンでもらえる、やわらか穀物100%サーロイン(160g)

f:id:hayatOoooo:20160520124940j:image

 

アグー豚丼島野菜添え

f:id:hayatOoooo:20160520124948j:image

 

ラフテーと島豆腐と島野菜のハーモニー

f:id:hayatOoooo:20160520124932j:image

 

その他にも、てびちのカリカリ焼きアンチョビソース【それいゆ】風ソーメンチャンプルーを注文しましたが食べるのに夢中で写真撮るのを忘れてしまうという大失態…。最終的に計5品頂きました(食べている最中に気が付きましたが内4品は肉料理という)。妻は娘の授乳がありますし、わたしも運転があるので今回の旅行でアルコールは一切なし。安上がりでとても助かります。。。

 

息子はプールで疲れたのかお店に向かう車の中から爆睡、店内に運んでも寝たままでした。それを見ていた店員さんが息子のために布団を貸してくれました。ありがとうございました。味・サービス共に最高のお店なので沖縄に再度来る機会があったら、また訪ねたい店です。

 

 

2日目スケジュール

時間 内容
9:00 ナビ―ビーチに到着
9:30 シュノーケルなど
13:00 ブセナテラスでランチブッフェ
  ホテルステイ
19:30 世冨慶の名護曲で夕食

 

ナビ―ビーチでシュノーケルツアー 

この日は3歳から参加可能なバナナボート・シュノーケルツアーへ。集合時間が早いため、ホテルでの朝食をあきらめ、コンビニのご当地おにぎりを頂きます。スパム握り、これ最高においしかったので、ぜひ関東でも展開してほしいです。

f:id:hayatOoooo:20160520125045j:image

 

ツアーは2時間と長いため、可哀想ですが娘は午前中だけ託児所へ(;・∀・)

 

ツアーの場所は恩納海浜公園のナビ―ビーチ。

恩納海浜公園 ナビービーチ:公式サイト

f:id:hayatOoooo:20160520135813j:image

 

ここで、バナナボートに乗って海から前日に観光した万座毛を眺めて、その後シュノーケル、シーカヤックとてんこ盛りのツアー体験。わが家の他にも数家族が参加していましたが、小さい子供もたくさん参加していました!さすがに3歳の息子は最年少でしたが、ガイドさんも面倒をよく見てくれました。3歳から参加できるアクティビティやツアーは少ないと思うので、ナビ―ビーチのこのツアーは小さい子連れ旅行のファミリーにはオススメです。

 

3歳の息子はシュノーケルがデカくて装着できなかったのでプカプカと浮きながらお魚グラスで鑑賞。苦戦しながらもクマノミや鮮やかな魚たちを見られたようで興奮していました。餌付もできるし、カヤックも堪能できたし大満足。ガイドを務めてくれた女性がモロ沖縄顔の美人の方でわたしも楽しかったです…。

 

ランチはブセナテラスのラ・ティーダ

託児所に預けていた娘を回収して、お昼はブセナテラスのカフェテラス「ラ・ティーダ」でランチブッフェ。朝食の分をお昼に振り替えました。

カフェテラス「ラ・ティーダ」 | レストラン&バー | ザ・ブセナテラス | 沖縄リゾートホテル

f:id:hayatOoooo:20160520135830j:image

 

海を眺めながらの昼食は格別!!息子も、大好きなフルーツとアイスクリームを死ぬほど食べられたようで大満足の様子。わたしも、紅イモアイスとちんすこうアイスを死ぬほど食べてやりました。朝食と比べてドリンクの数が減っていましたが、ガッツリ食べたい人なら、午前中にどこかへ行ってきてブセナテラスでランチブッフェを堪能する方が満足度高めかと思います。

 

午後はのんびりホテルステイ 

午後からは特に出かける予定がなかったため、ホテルステイ。

これぞリゾートステイですぞッ!ってくらいのんびり過ごしました。プールに入ったり、敷地内や海岸を散歩したり、部屋のバルコニーで読書したり。ただただ、時間がゆっくりと過ぎていきます。

f:id:hayatOoooo:20160520135856j:image

バルコニーで読む「頭文字D」はサイコーなのです。

「湾岸ミッドナイト」のポエムもいつも以上に胸に響きます…。

 

この時期、沖縄は19時頃に日の入り(サンセット)ですが、ブセナテラスではサンセットの時間になると屋外プールでサックスの生演奏サービスがあります。なんつー粋な演出でしょうか。ブセナテラスのことを事前によく調べていなかったので、こんな生演奏サービスがあるなんて知らなかったわが家。みんなして、尋常じゃないくらい感動しました(笑)

 

バルコニーからサックスと夕日を堪能していましたが、ここでアルことを確信しました。わが家は沖縄にハマった!と。

f:id:hayatOoooo:20160520135848j:image

 

名護曲(なぐまかい)

サンセットを見た後は夕食です。これまたママ友オススメの「名護曲(なぐまかい)」へ行きました。これ、絶対に読めない漢字のやつだ…。

f:id:hayatOoooo:20160520125113j:image

 

ブセナテラスから車で15分程度で到着します。道路の反対側にあるため、先の交差点まで行ってぐるりと回ってお店に到着です。

 

お店に入ると壁一面に芸能人のサインがたくさんあり、広いお座敷スペースもあります。畳なので娘を寝かしておいても安心。子連れの方が多くいました。わたしはぼろぼろジューシーという沖縄版の雑炊を注文。味も価格もファミリーレストラン的なお店でした。

f:id:hayatOoooo:20160520125131j:image

f:id:hayatOoooo:20160520125141j:image

そんなこんなであっという間に2日目が終了。

文字数が多くなったので3・4日目は後編で。

 

↓↓↓ 沖縄旅行の後編はこちら